ホーム > 製品一覧 > ドッキングステーション(投入システム)

ドッキングステーション(投入システム)

容器と装置を確実につなぎ、割れ欠けのない投入を。豊富なノウハウをもとに実現します。

容器と装置を確実につなぐ豊富なノウハウをもとに製作しています!

医薬品製剤における粉体ハンドリング方式の傾向として、容器間の移し替えや装置への投入の際に重力(グラビティ)を利用し、上階から下階へ投入する方式が多く取り入れられています。この高低差を粉粒体が均一な状態のまま、かつ破損なく落下させるには多数のノウハウが必要となります。
また、容器・機器と投入装置の接続(ドッキング)の際は、確実に接続され、外部への飛散を厳重に防止することも重要なポイントとなります。
製造現場の健全な運営には、これらの装置のメンテナンスのしやすさも欠かせません。
KITの投入装置・ドッキングステーションは、これらのポイントを考慮したシステムとなっております。

ドッキングステーション

排出のポイント

●スムーズに排出されること
●粉体が飛散しないこと
●接続部の洗浄がしやすいこと

粉を効率よく落とすためのバイブレ―ターを採用

粉を効率よく落とすための
バイブレ―ターを採用

飛散を防ぐ自動接続膨張シール、シリコンジョイントを採用

飛散を防ぐ自動接続膨張シール、
シリコンジョイントを採用

投入のポイント

●粉体投入時に分級しないこと
●錠剤、タブレットが落下の刺激で割れたり欠けたりしないこと

エアーシリンダーにより段階的に筒が開く多段式シュート

エアーシリンダーにより段階的に
筒が開く多段式シュート

内筒(ポリエチレン性)と外筒との間にエアーを入れて緩やかに落下させるバルーンシュート

内筒(ポリエチレン性)と外筒との間にエアーを入れて緩やかに落下させるバルーンシュート

導入事例はこちらをご覧ください→ 【事例】投入ステーション・排出ステーション(詳細情報)